鮮麗された自然な素材の一つひとつに時が刻まれ暮らしの中へ溶け込んでいく。親から子へ、そして孫へ受け継がれお金では買えない資産となる。それが仲芳建設が贈る木の家。

 

“制振工法”についてのお話

 

制震工法とは?

制震工法とは?
HKS MER-Systemは、静岡県富士宮市の株式会社HKSが、2013年に発表した木造住宅用制振装置です。
自動車用のショックアブソーバー技術を応用し、伸縮が始まった瞬間からエネルギー吸収が始まり、層間変形にブレーキを掛けます。
あらゆる周波数に対応するため、地震による振動のみならず、近隣の走行車両の交通振動も軽減します。
↑詳しくはこちらをクリック↑
 

サービス案内 MER System

サービス案内 MER System
 

コスト・手間を抑えた制振工法に最適

HKS MER-Systemは、低コストかつ手間なく、高品質・高性能な制振工法を実現できる、木造住宅用制振装置です。

地震、交通振動、風などによる建物の変形エネルギーにいち早く反応し、吸収することで、応答加速度の低減に効果を発揮します。
これにより、建物の変形を抑え、損傷を最小限に食い止めます。また、長期のメンテナンスフリー構造を実現。

いつ起こるか分からない地震や、繰り返し襲ってくる余震にも、その性能を維持し続けます。
 

長期優良住宅でも倒壊する危険性あり!?

長期優良住宅でも倒壊する危険性あり!?
 
<<仲芳建設株式会社>> 〒504-0854 岐阜県各務原市蘇原野口町1丁目16-2 TEL:058-383-1420 FAX:058-383-6344