鮮麗された自然な素材の一つひとつに時が刻まれ暮らしの中へ溶け込んでいく。親から子へ、そして孫へ受け継がれお金では買えない資産となる。それが仲芳建設が贈る木の家。

 
 
 
鮮麗された自然な素材の一つひとつに時が刻まれ暮らしの中へ溶け込んでいく
親から子へ、そして孫へ受け継がれお金では買えない資産を生みだす
それが仲芳建設が贈る木の家
 

 
 
 
 
呼吸する木の家
 
 
私たちが生活している家の中にはいろんな所から湿気が発生しています。 炊事・洗濯物・風呂・ストーブや 人体からも・・・、これらから出る湿気が必要以上に溜まることにより腐食やカビ・ダニなどの発生につながります。 木の家にはこうした湿気を調節する調湿機能があります。 湿気が高ければそれを吸収し低ければ発散してくれ るという具合に、部屋の湿度を調節してくれるのです。 木は家になったあとも、湿気を吸ったり吐いたり微妙な 調節作用を繰り返し、そうして生き続けているのです。
 
 
 

 
 
 
 
受け継がれていく住まい
 
 
これからの家づくりに求められているのは、「丈夫で永く住める家」なのです。 ほとんどの人にとって家は一生 に一度のものです。 欧米などの先進国の住宅の寿命は65年以上、100年以上も珍しくありません。 それに 比べ日本の住宅は、建築後20年~30年ぐらいというわずかな年数で次々に解体され建て替えを余儀なくされて いる現状、この耐久性の低下は自然環境にも大きな影響を与えているのです。 木の生長は苗木を植えてから建築の材料として使えるまでに約50年くらいかかります。
今の日本の状況では   山の環境を壊すだけではなく、解体が多くなることによる産業廃棄物の増加における環境破壊、又人工的・科学 的に作られた建築材料を多用することでの耐久性の低下の他、シックハウス症候群等による肉体的・精神的ダメ ージも重大な問題なのです。 ご存知のように木は山に生息しているときは、たくさんの二酸化炭素を吸い酸素に変えています。家となって形 を変えても永く行き続け私たちに快適な暮らしを与えてくれます。 最近では、木が持つ調湿性・抗菌・殺菌作用 リラックス効果が注目され学校や病院などの教室・病室の室内材として用いられるようになりました。
 
 
 

 
 このように、木が私たちに与えてくれるものは無限です。その大切な木を育ててくれる自然環境・自然のサイ クルを守るため ~木・百年の想い~ をテーマに「丈夫で永く住める家」 親から子へそして孫へ受け継がれて ゆく住まいを造りつづけることが仲芳建設の想いでもあり使命なのです。
 
<<仲芳建設株式会社>> 〒504-0854 岐阜県各務原市蘇原野口町1丁目16-2 TEL:058-383-1420 FAX:058-383-6344